コードギアス・コスプレ写真集告知サイト
※個人の趣味の範囲で製作するもので、オフィシャルとは無関係です


2013年冬コミ発表予定

【ルルーシュ&C.C.】
■『   』
■サイズ:B5
■ページ数:未定
■価格未定
【ルルーシュ&シャーリー】
■『 masqrade 』
■サイズ:B5
■ページ数:未定
■価格未定
【ルルーシュ&ナナリー】
■『 プ リ ズ ム 』
■サイズ:B5
■ページ数:未定
■価格未定


【スザク&ユーフェミア】
■『 Dear... 』
■サイズ:B5
■ページ数:未定
■価格未定

※年齢制限なしですが4冊すべてに血糊・流血表現が含まれます。苦手な方はご注意下さい


- Cast&Staff -
ルルーシュ/枢木スザク(as氷咲ユキト)
C.C./シャーリー/ナナリー/ユーフェミア(as水稀リオ)

カメラマン:(五十音)
aki様、D様、Kaz様、樹キヤラ様、ぐっさん様、実奈様、ラッキーサイダー様


『   』『 masqrade 』『 プ リ ズ ム 』ではC.C.、シャーリー、ナナリーそれぞれの視点でルルーシュを
『 Dear... 』ではスザクの視点でユフィを追い、
本編に添う形で絆や物語を描きながら、私たちのギアスに対する想いを組み込んで表現していけたらいいなと思っております。

ギアスとは何なのか、
私たちが見つけた答え、大事に大事に暖めてきたギアスへの愛をこの写真集に全て刻み付けます。

(※タイトルは変更になる場合があります。)

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

page top

STAGE:2 

2011/11/30
Wed. 04:46


大変お待たせいたしました…!
天候やら会場の都合やらで前回のレポからちょっぴりと日が空いてしまいました><
その間、ロム撮はお休みでしたがちゃんとお仕事してました笑!
会場の下見やメイクや表情の練習も兼ねてユキト氏とギアスしておりました^^
大丈夫!前進してますよーーー!

っと!こんな感じで今回のレポはリオが担当させて頂きます!
ユキト氏と違って文才がないものでゆるーい感じになりますがお付き合い下さると嬉しいですv


まずは!ご報告があるんです!
詳細をご覧になって気付かれた方もいらっしゃると思いますが・・・
"ご協力下さるカメラマンさんが増えましたーーーー!"ドンドンパフパフー=3
本当に本当に有難いです。
皆さん、快く引き受けて下さり、私達のROMもより一層素敵なものへと仕上がるんではないでしょうか^^

今回のレポはサイダーさんにお付き合い頂きました、ルルシャリです。
実はこの日はまさかの雨。
ですが、サイダーさんとユキトオリオで踏み出す大切な一歩の日。
「どうしても3人で雰囲気を掴んでおきたい。」とユキトリオが無理を言いまして…(ワガママ言ってすみません;)
雨の中、お付き合い頂きました。
雨のおかげで元々考えていた構図は使えず、「現地で自由に動こう!」っていう勝負な日ではあったんですが、バッチシいい雰囲気掴んできましたーーーー!
次々出てくるアイディアにいつの間にか日も暮れて・・・^^アッという間の一日でした♪

2011,11,05 Photo/ラッキーサイダーさん

2011-11-05-ルルシャリ1


本編に入れるために、今回のサンプルはこれだけなんですが(オツカレサマ写真はアあるヨ)…あぁすみませんorz
私の文章で埋まる今回のレポ^p^
皆、もっとルルーシュみたいよね!みたいよね?
今度からは責任をもってレポ用のルルーシュ/poto byリオも撮ってきますからねーーー!
ユキトさんに「ルルシャリの一回目は私に書かせてくれ!」とお願いをしました。
私の中でシャーリーという女の子は特に特別な子なんです。
この子はルルーシュへの思いだけで駆け抜けた子だと思います。
シャーリーのルル-シュへの思いはきっと世界を変えられたと思います。
きっと、毎朝
「髪型おかしくないかなぁ?」
とか気にしてて^^
お家で鏡を見て笑顔の練習してみたり、寝る前はルルーシュの事を考えて「明日も笑ってくれたらいいな」って眠りにつくの。
学校では気がつけばルルーシュを探してた。
私服だってルルーシュとお出かけの時はとびきり可愛いのを!
ルルーシュに恋をするシャーリーは世界一可愛い女の子だと思う。
すごくないですか?
「私はルルが好き」この思いだけで、ただの学生だった、不思議な力だって権力だってない女の子が全てをかけたんだから。
ルルーシュを「ルル」って呼ぶシャーリが好き。
他の誰でもない、ルルーシュにとってのシャーリーの位置。
ゼロでもなく、ナナリーの兄でもなく、笑ったり焦ったりテレたり、、、そんな年相応の学生らしいルルーシュが見れたのはルルシャリだけだと私は思います。ラブアタックのテレたルルーシュの顔が私は忘れられないです。きっっとシャーリーもそうやってこの思いを積み重ねてきたんだろうな。
すべてが愛おしいです。

シャーリーをする時はルルーシュにたくさんときめいて、ドキドキして、もっともっと回を増すごとに好きがパワーアップしてるといいな。
ルルの笑顔が一番好き。
ルルがナナちゃんと居るときの優しい顔が好き。
ちょっとかっこつけちゃうところも好き。
ルルが毎日笑顔でいられますように。

2011-11-05-ルルシャリ2

フォント/あずきフォント     素材/drop items


ではでは。ユキトさんの感想にバトンターッチ!




【2011/12/08 yukito】

こんばんは、ユキトです。
↑の写真、厚底で無理して飛び上がってますがリオさんが可愛く加工してくれました^^ありがとう。


ルルシャリ第1弾、お疲れ様でしたー!
実は途中から豪雨の中の撮影だったにも関わらず、無理くり決行したこの日。
冷たい雨粒降り注ぐ曇天の下、サイダーさんがリオユキトのために一生懸命身を砕いて撮影して下さいました。
本当にありがとうございます。
そのおかげでまた、ルルーシュとシャーリーで表現したいモノ、私の中でさらに一歩踏み込めたような気がします。



学生時代って、ミレイさんが言ってたように「モラトリアム」だと本当に思うのです。
この年齢の、この時間にしか得られない、ほんのひとときに凝縮された数々の想いや経験。
二度とは繰り返す事のできない日々は、時間が過去から未来へ流れている限りいつだって同じですが、
この瞬間だけはどうしても特別で。
両手に抱えてもまだ有り余るほどの、様々な色彩を放っていると思うのです。

それは恋であったり、友情であったり、未来への不安だったり、可能性への期待と焦燥だったり、思うようにいかない日々への苛立ちだったり。
時には眩しいほどの、ときめきだったり。

シャーリーはそんな瞬間を、自分のありったけで、だけどとても大事に、精一杯駆け抜けた子だと思います。
零れそうなぐらいたくさんの想いで、ずっとずっとルルーシュを追い掛けてくれた。
ゼロでもブリタニアでもない、「ルルーシュ・ランペルージ」の姿を見つめ続けてくれた。

たくさんの仮面を被り続けたルルーシュだから、
「ルルーシュ・ランペルージ」も偽りの姿だと彼はいうかも知れないけれど。
その中で、ふと年相応の顔をして呼吸ができたのは、シャーリーの前でだけだったかも知れないな、と。

仮面が偽りだったらいけないとか、真実がすべて正義なわけではなくて。
私はルルーシュの被る仮面すべてがルルーシュの一部で、ルルーシュそのものだと思っています。
嘘やホンモノかどうかで区別できない、善や悪で分けられない。
だからこそ人なんだと思う。
ただ、高校生としての特別な瞬間、二度とは得られない、掛け替えのない時間を、
ルルーシュはシャーリーと居る時に手にしていたんじゃないかなと思うんです。


力を持っていてもルルーシュはまだほんの10代の学生で。
頭がよくてカリスマ性もあって、普通の人生では経験しないような苦しい過去があっても。
だけどまだ学生で。まだ、彼には色んな可能性と選択肢と未来があったはずで。あるべきで。
この先、様々な想いを知って。そして大人になっていく。
そんな風に続く道が確かにあった。
だから私は、ルルーシュの数ある衣装の中でも、AF学園の制服が一番好きだったりします。
いつか最後にルルーシュをやる日が来たら、この衣装でと決めています^^



たった一人の存在で人生が変わる。毎日の色が変わる。
陽が差したように心が暖かく感じたり、いつの間にか視線が釘付けになってたり、些細なことで冬にも春にもなる。
この人の為に何かしたい。
もっと知りたい。
始めはそんな小さなひとしずくだったものが、揺らめいて、穏やかに波紋を広げて行く。
そんな気持ち、きっと誰もが胸に秘めた事があると思うんだ。
シャーリーを見ていると、それを思い出させてくれる気がするのです^^
本当に可愛い女の子だよね、シャーリー。


シャーリーをやっている時のリオさんは、表情が一番生き生きしてると思います。
くるくる変わるので見ていて楽しいなぁと(^O^)
自分でもやりやすいと言っておられました。納得。
逆に私は追われる側をやってるわけだけど。
追う経験しかなくて引き出しの少なさが如実にあらわれてます^^^^
いつも片想いばかりなんdry

だけどきっとそれも「私」
シャーリーが私の演じるルルーシュに笑いかけてくれるなら、私にしかできないルルーシュでいようと思うのです。


そういう面でもルルーシュとシャーリーの等身大の姿、表現できていたらいいなと思います^^



ルルシャリも他の組み合わせも、話し合うたび新しいアイディアが浮かんでいます。
そうして変化だったり進化していく過程を、自分自身が一番楽しんでいるようにも思います。
出来上がる頃にはどんな色をしているだろう。
自分達の手で何かを創り出すって、本当に楽しいね。
私もルルーシュとシャーリーのように、今この時、掛け替えのない時間を生き抜いている気がします。


次回はスザユフィを進めてきます!
相変わらず文章だらけのブログですが;一筆どころかもう/^O^\
色んな想いが溢れて書かずにはいられないのですよ^^^
この過程も含めて、見守っていただけたら幸せです。
そんな感じですが、どうかまた遊びに来てやって下さいね!

page top

2017-08
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。