コードギアス・コスプレ写真集告知サイト
※個人の趣味の範囲で製作するもので、オフィシャルとは無関係です


2013年冬コミ発表予定

【ルルーシュ&C.C.】
■『   』
■サイズ:B5
■ページ数:未定
■価格未定
【ルルーシュ&シャーリー】
■『 masqrade 』
■サイズ:B5
■ページ数:未定
■価格未定
【ルルーシュ&ナナリー】
■『 プ リ ズ ム 』
■サイズ:B5
■ページ数:未定
■価格未定


【スザク&ユーフェミア】
■『 Dear... 』
■サイズ:B5
■ページ数:未定
■価格未定

※年齢制限なしですが4冊すべてに血糊・流血表現が含まれます。苦手な方はご注意下さい


- Cast&Staff -
ルルーシュ/枢木スザク(as氷咲ユキト)
C.C./シャーリー/ナナリー/ユーフェミア(as水稀リオ)

カメラマン:(五十音)
aki様、D様、Kaz様、樹キヤラ様、ぐっさん様、実奈様、ラッキーサイダー様


『   』『 masqrade 』『 プ リ ズ ム 』ではC.C.、シャーリー、ナナリーそれぞれの視点でルルーシュを
『 Dear... 』ではスザクの視点でユフィを追い、
本編に添う形で絆や物語を描きながら、私たちのギアスに対する想いを組み込んで表現していけたらいいなと思っております。

ギアスとは何なのか、
私たちが見つけた答え、大事に大事に暖めてきたギアスへの愛をこの写真集に全て刻み付けます。

(※タイトルは変更になる場合があります。)

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

page top

STAGE:9 

2013/02/07
Thu. 01:34


2012-05-13-ls1.jpg

2012,05,13 Photo/ぐっさんさん

この日は学園での日常風景を撮影してきました。
ルルシャリにとって一番普通であたりまえだと思っていた風景。
毎日歩いている廊下も、クラブハウスの風景もお話が進むにつれて表情は全然違うんですよね。
それを意識して撮影していけたらなぁと思っています。

今回は1期を意識して撮影してきました。
同じ荷物を持っているようでルルーシュの方が重い荷物を持ってくれているんです。
ルルーシュのそんな優しさにシャーリは気付いてて、もっともっと好きになっていくんだろうなぁ。

2012-05-13-ls2.jpg
こうやって会話してる時、ふとルルが違う方向を見た瞬間にシャーリはルルーシュを見つめてると思う///

2012-05-13-ls3.jpg
この写真、設定があるんです。
会議中にぼーっとルルーシュについて考え事をしていたシャーリ-、気付いたらすごく近くにルルーシュが居て、
「!!!!あっあの、、、えっと、さっきの・・・」
って慌ててるの^v^
それをミレイーさんやリヴァルがふふ~んって見守ってるんだろうなーと!


今回はこんな風にいつも以上のかなり細かい裏設定があったりします(笑)
いつも撮影前に「ここでこの子はこう動くと思う!」とお互いがどう動きたいかを確認するんですが、
ユキーシュはいつも、さりげないのに最上級にカッコイイ事をやってのけるんですね。
驚くほどにシンクロしてるなぁといつも感動していますうちの自慢のルルーシュです。
特に「わっ///」と思ったのが、
私服デートの時の待ち合わせについてでした。
ルルーシュはすごく早く待ち合わせ場所に来て待っていても、シャーリ-が「ごめんね!待ったよね…!」ってやってきたら「今、来た所だよ」って言うよ。
ってそう言ったユキーシュが素敵すぎて、ルルシャリをやる時はいつも思い出してしまいます
こんなルルーシュにシャーリーが恋に落ちないわけがないよね///


次回また同じ場所で撮影をしてくるんですが、今度はR2です。
同じ場所でも、もうあのときの君はここにはいない。時間は戻らない。
そんな違いが出せる撮影にできたらなと思います^^

ではではユキトにバトンタッチ!



【ユキトより】

どうもこんばんは。ユキトです。
ルルシャリの学園生活、とても楽しく撮影して来ました。
シャーリーの笑顔やくるくる変わる表情がとても可愛くて生き生きしてて^^
ルルシャリに関しては雰囲気作り含め、ほぼリオさんリードで進んでおります。

荷物を抱えて廊下を歩いていたり、
学園祭の準備に追われていたり、
アッシュフォード学園で過ごす時のルルーシュは、唯一年相応の、学生らしい等身大の姿でいられた時間だったのではないかなと。
そんなことを考えると、戻らない時間を切なく思うと同時に
なんでもない日常やひとつひとつの出来事がなんて愛しいんだろうって、そう思うんです。


ルルーシュにとってシャーリーは、まだこの時は「大切な友人」という位置づけだったんだろうなぁと思っています。
頭がいいくせにシャーリーの気持ちに気付くどころか、
恋とか、そういうものを理解する心の余裕はなかったんだろうなぁって。
そんなルルーシュも、「男の子」っぽくて好きだったりします^^
恋愛に関しては女性の方が成長が早いっていうしね。
だけど少なくとも
ゴールにあるものが「恋愛」という答えではなくても。
ルルーシュの中で少なからず変化はあったのではないかな、と思っています。


つらい未来が待ち受けていたとしても、
今このときを大切に。
笑顔のシャーリーが教えてくれたこと。
一枚一枚、この先も大事に表現していけたらいいなと思います。




page top

2017-10
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。